これからのことをもっと具体的に考えよう
2011年10月06日 (木) | 編集 |
今日は、朝にこどもたち二人を学校に送ってから
部屋に戻ってきて、洗濯のスイッチを入れてから
また寝てしまいました・・・

洗濯機の出来上がった音をおぼろげにききながら
起き上がる気力もなく、ぐっすり眠ってしまいました。

やはりこちらにきて、私も疲れているのだと思います。
起きた時間はお昼の12時!

さて、
そんな中、FXをひさしぶりにしてみました。
こちらにきて、やっぱり両替の時期を狙っていることもあり
為替の動きはチェックしています。
チャンスと思って2回ほどはいって150pipsほど実益がでました。

ずっとFXからは、遠ざかっていたので
本当に久しぶりです。
昔、記事にしたことがあると思いますが
私はこのFXで日経マネーの記事にでました。(記事にしていただいた記者さん、見てないだろうなぁ)

その記事は、たいへんお恥ずかしながらの
大損経験だったのですよね。
忘れもしません、(でもちょっと忘れてきた)お盆のお休みのことだったと
思います。
2日で480万ほどの爆損をしてしまいました。
深夜に携帯のメール着信が何度も鳴り響いて(これ、ストップロスのメールだったのです)
メールを開いて、「あ~あ。」となったのを覚えています。
翌朝、まだロスカットされずに持っていたたて玉をこれでもか!!と自分でどんどんカットしました。
(あのときは、もう破れかぶれでしたね。)

実は私はそれまでの4か月ほどで
500万ほど儲かっていたのですよね。
だから差引すると20万の利益くらいで終わわれて、FXの怖さも思い知って
大ラッキーだったのです(ラッキーとはいわないけど・・)

それからFXは、本当にたしなむ程度にしてきました。
のめりこまない!
システムを組んだりとかチャートの読み方とかいろいろ研究したときも
ありましたが、今はただただ、眺めているだけです。
長期的に利益をあげられている方を、尊敬します。

まぁ、株やFXのもうけは
それをあてにした資産運営はできないと考えております。
不動産もしかりですけどね。
大儲けしたあとの資産でのやりくりは可能だと思いますけど。

だいたいこういったお金でやりくりしていると
儲かっているときはいいですが、損がふくらんでいるときは
心身的によくないと思います。
まぁ、おきまりの「余裕資金での運用ですか?」というところです。

今週は、これからのことをもう少し具体的に考えてみたいと思っています。
お金のことを考えるとめまいがします
2011年10月05日 (水) | 編集 |
9月が終わったので
海外移住した一か月分の収支を大雑把にだしてみた。

思っていた以上に
費用が掛かっているので、軽くめまいがした。

これでは日本に一時帰国は
2年に一回くらいが関の山ですね。

思っていた以上に痛いのは、
やっぱり子供二人の学費。
10年くらいを学校の費用のみで計算してみたけど・・・
しばし、数字をぼっと見つめる。

うう~かすみます。

それにね、
一番かかるのは大学費用でしょ。
どうやって捻出したらいいのでしょう。
アメリカとかイギリスの大学に進学したはなしを
別のママからきいたところ、
年間300万って言ってた。4年で1200万しょ。二人だと2400万でしょ。
これは、庶民には無理な話です。

まぁ、日本の大学に行ったとしても
年間どのくらいするのかしら?
ちらと調べると
国立で500万、私立で700万くらい(4年間ね)

おお、二人とも国立に行って1000万ですか。
純粋に学費だけですから、自宅から通ってもらうのを前提ですね。

老後の資金を考えても
お金の不安は募る一方なのですが
みなさんは、きっちりかっちり考えているのでしょうか?
(なるようになるさ~あはは~)なんてのが
多いのでしょうか?

私、O型ですが
こういうところ気になっちゃいます。
いまも昔もかわらない
2011年10月01日 (土) | 編集 |
ひさしぶりにこちらのブログにログインしました。

私は今、日本を離れて海外でおります(もちろん子連れで)

3.11の震災後、本当に私の中での思いがかわってしまいました。
できるだけ迅速に日本を離れなくちゃ。。。と勝手ながら毎日考えておりました。

7月末に移住先の下見に行って、学校を決め
そこからは本当に時間がなかった。

とりあえず、家を家族で引っ越ししなきゃいけない状況だったもので
いままで大事にしていたものをいっぱいいっぱい捨てなきゃいけなかった。

新婚旅行先で買ってきた小物や
まだ使わずに大事にとってあったもの
あとでゆっくり読もうとため込んでいた書籍まで

全部全部処分しなきゃならなくて、本当につらかった。
こんな小さなものでさえ、失うことはつらいことなんだよね。

海外で暮らしはじめて1か月
日本からもってきたものは、スーツケースに大きなカバン2個にノートパソコンだけで
なんにもなくて、住み始めた部屋にはカーテンさえなくて
毎日、引っ越した際に捨ててきたものを、いろいろそろえなくては生きていけない状況。

最初のうちは、お茶碗がないからプラのパックでごはんをよそって
しゃもじがないから大きなスプーンを使ったり。
なんだかみじめだった。悲しかった。(へんだよね?自分が選んだことなのに。)
この町にしたけれど、知っている人がいるわけでもなく、病気になったときは
どうしよう~なんて。
自分で切り開いていかなくちゃいけなかった。

日本でどんなに優雅な生活をさせてもらえていたのか
身に染みてわかったよ。

子供たちにもつらい思いをさせています。
言葉がまるでわからない中での勉強・・・私以上に大変だよね。
本当にごめんね。

でも、どうか許してください。
ここにきたのも、あなたたちを思って、健康にかわる最上のものはないと
独断の決断ではあるけれど、こういう母をもってしまったことをどうか笑って
許してください。
日本に帰りたいとさぞ思っていることでしょう。
でも、そんな泣き言一つ言わないで、にこにこ喧嘩もたまにしながら
家族でいられる幸せ。
野菜やヨーグルト、牛乳をめいっぱい堪能できる幸せ。

今の苦しみは、いつかよかったことだったと乗り越えられる日がくることを信じています。

毎日、こちらにきても
日本の現状は気になっています。
ヤフーのトップニュースで地震速報が入るたびにドキドキして
どうかこれ以上、ひどい地震がこないようにと祈るばかりです。

毎日阿修羅の原発もチェックしています。
日本のニュースでは、ああ、いまごろになって
セシウムの汚染度が発表されたり、プルトニウムが敷地外でもみつかったとか
学校の給食に放射能とか、牛乳が混ぜられていたとか

3月の時点でわかっていたことを、あとになってだしてきています。

関西は汚染はひどくないというけれど
今のはなしじゃ、当面きついなぁというのが正直な感想です。
(ここは持論ですよ。)

とにかく、
夫には感謝しております。
夫の了承を得られなかったら、やっぱり来れてなかったもんね。
(でも、こちらでの運転も了承してほしいなぁ・・・)


まだまだつらいことが多いけど
がんばりますよ~。