スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたは申し訳ないと思っていますか
2011年06月09日 (木) | 編集 |
福島の原発、もうめちゃくちゃですね。
メルトダウンの次はメルトスルーですか。

原発村で超タブーといわれていた単語が、最近は当たり前のようにでてきます。

先日地上波で二度ほど放送されていた「ネットワークでつくる放射能汚染地図」という
番組、ごらんになりました?

私はこの放送の中で今西先生が言われていた、汚染の状況をはかっているときの
この一言が忘れられません。。。

「現実とは思えない・・・」

別のなにかで、誰かがおっしゃっていた言葉「本当は3月15日で終わっていた命」という言葉も
頭をもたげます。
日本は、ラッキーだったのでしょうか、
今後の地獄絵図が、まっているのでしょうか。

今日の読売新聞から
避難準備区域に子供1700人…親の仕事で戻る
拝読し、本当に悲しくなりました。
子供の健康より大事なものがあるのでしょうか。
仕方ない選択なのですかね。

そう、タイトルの件
今回は確かに天災がきっかけになったのですが
原発事故に対しては、他の国にどんなふうに顔向けしたらいいのでしょうかね。

世界の海を、大気を、汚してしまって
本当に本当にすみません。

黄砂が飛んでくるたびに、中国は、なんて迷惑なことをしてくれたんだろうと
非難してましたが、黄砂でなく放射性物質ですから(黄砂にも少なからず放射性物質が含まれている
とのことですが)
もっとたちが悪いですよね。

こんな国の一大事でも
お笑いがはびこって、政界では相変わらずの茶番劇

毎日ためいきが増えていきます。

にほんブログ村 株ブログへ



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。