FC2ブログ
投資において、経験というものは
2012年03月20日 (火) | 編集 |
やはりポイントが高いと思う。

先日から自身の投資をもっと積極展開しようと
いろいろ勉強中ではあるが
初心者に比べ、投資を長く経験していることは
おざなりにさえなっていなければ、それなりに投資指数はあがっていると
思う。

私の例でいえば、結婚して妊娠して、仕事を辞めてから株取引を
スタートしたので、ほぼ9年くらいになるけど
それなりに辛苦をなめた。

何度も書いたことがあると思うけど
株取引をはじめてしばらくして、ボロ株といわれる、いわゆる100円未満の株に
大量に投資して、取引を繰り返していた。
何も考えずそんなことを繰り返しても儲かっていたのだから、ビギナーズラックのすごいところだ。

それなりに勉強している気でいたが
なんとなく一銘柄、思うようにいかない株がでてきた。
四季報をみても、来季は増益予想だし、う~んおかしい。

四季報の裏にのっている投資塾だったか、自分がもっている投資銘柄を
無料で分析してくれるところに相談したりもした。(あやしい~)
本当に怪しかった。こちらでこの銘柄の相談をもちかけると、
もっともらしいチャートと一緒に営業マンが電話を何度もかけてくる。

とりあえず、営業マンに「私がききたいのは、この株を損切で手放すべきか
様子をみるべきか」という質問をした記憶がある。
「倒産はないと思いますが、もう少し様子をみましょう。」との話で安心して
なんとおろかにも、売買単価を下げるために下手なナンピンをしたのでした。

ナンピンをした翌日、その銘柄は倒産しました。


このとき、私は虎の子の300万をすったのでした。

生きた心地がしなかったです。
しばらく放心状態になりました。

毎日仕事でがんばってくれている夫の顔が浮かびました。
放心状態にいた私に、「今日は桜がきれいやで、お花見にいきたいなぁ」とのんきに
電話してきた夫。

私の電話の声のトーンから、すぐに何かの異変を察知した夫。
私は、隠さずすべてを話ました。

株取引をしていたことを知っていた夫。
そのときに夫は「株してたら、なくなってしまうこともあるよ。」と言っただけで
その日の晩さえも、まったく普段の振る舞いに私はどんなに助かったことか。

おまけに夜、謝った私に、「株続けてみたら?次こそ頑張ってみたら?」と背中を押してくれたのも夫でした。

その後、山あり谷ありできて
なんとか全額復活できて、利益も出せた今
とてもいい思い出話になりました。

夫とは喧嘩することもあるし、本当に気が合わないと思うこともあるのだけど
このときの夫の態度を思い出すと、私にはない器のでかさを感じるので(私だったら間違いなく
激キレしそうな気がします、またはすっごく落込み~、どっちかだ。)
なんとかまぁ、ぼちぼちやっております・・・・





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック