FC2ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子育ての考え方
2012年08月03日 (金) | 編集 |
子供を育てるって
本当に大変な仕事であると毎日実感します。

いじめや
幼児虐待のニュースを目にするたびに
もう、目を皿のようにして
どうしてこういうことにいたってしまったのか
なにかの危険因子があるのかないのか
時間を無駄にするほど読みいってしまいます。

そんな私も
海外で子育てしていることになるし
英語での学習と
日本語での学習を両方していかなければいけませんから
日本でのほほんと暮らしていたときよりも勉強量が増えてしまいました。

これはいたしかたないことかぁ~。
遊びの時間を少しくらい削ってでも勉強させるべき時期もあると
考えていましたが
「どんぐり倶楽部」というHPを拝見してから
考え方の修正を検討中です。

とくに、「子供においしい食事を食べさせておなかがすかないようにし、
愛情あふれる言葉をかけ、自由な遊びの時間と場所を保障する」
HPより抜粋

という当たり前の言葉に動揺してしまったのは
自由な遊びの時間・・・かなり減っているじゃない
自由な遊びの場所・・・日本にいたときより全然減ってしまいました。

ということが脳裏をかけめぐったからです。
うちの子たちは、日本でも習い事はしていましたが

基本習い事の時間以外は、公園で遊んでいることが多数でした。
公園では遊具の遊びをはじめ、ボール遊び、おはなやクローバーつみ
木登りに大勢でのゲームをしていました。

今はこういった遊びのうちできているのは
ボール遊びくらい。
マンションの共用部の遊び場の中なので小さく
子供もそんなにいっぱいいないし
うち遊ぶメンツもすくない。
近くに公園はない・・・

日本、治安がよくて
公園がどこにでもあって
子供の教育には恵まれています。




コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/08/25(Sat) 18:34 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。