スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
運を悪いと思いたくない
2014年11月14日 (金) | 編集 |
さきほどの続きですが

暴騰の金曜日
実は、私はめちゃくちゃ儲かっていたであろうポジを
わずか暴騰の数時間前に
手放していたのですよね。

全面ロングのポジから
じわじわ騰がってはいるものの
なかなか抜けられない15900円代を
午前中に見切ることにしたのです。

売却によりいくらかの利益を得
このときにドテンしています。(このときにGRIFの話題を知っていましたが
毎回のGRIFネタという感覚で、異にも感じていませんでした)

このわずか数時間のことで
私は天と地がひっくりかえるような状況になったのです。

でもまだ、神様はチャンスを与えてくれていました。
保険としての玉を、私はもっていたのです。

午後、用事から帰ってきて
相場をみると、「日銀が緩和に踏み切った!~」というニュースで
株価がグングン騰がってきています。

二度目のチャンスはこのときにすぐに損切りすべきだったのです。
なぜなら保険玉があったから。
損切しても、保険玉のおかげで、大きな損失にはなっていませんでした。

なのに、私はまたしても
利益が伸びてる保険玉を切ったうえに
損失を確定させることなく、いずれ下がって乗り切れるはずと過信してとどまったのです。

頭にたたきこむこと
・何かきな臭いと感じたら、徹底的に調査・熟慮したうえでのポジション決済
・緩和があった場合のストーリーを事前に調べておくべきだった
・保険は最後まで切るな
・チャンスと思って、簡単にポジをたてるな
・自分のストーリーを簡単にかえるな


以上、次からの相場に向き合う上での自分の戒めにしたいと思います。





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。